一般事業主行動計画

1.目的

従業員が「仕事と家庭を両立できる環境」をつくり、働きやすい会社を目指すことを目的とする。

2.計画期間

平成27年4月1日から平成32年3月31日までの5か年

3.行動計画の内容

[目標1]
育児・介護をする従業員の「職業」と「家庭」の両立支援の整備。
改定した「育児休業等に関する規程」の理解と運用に向けて制度を従業員に周知する。

[対 策]
イントラネットを活用し、以下により制度の理解と運用に向けてフォローアップ体制を充実させ、実運用に備える。

  • ○ 本社内に職業家庭両立推進者を選任する。
  • ○ 推進者を中心に、室部店所長および労働組合とも連携した体制を構築する。
  • ○ 制度の周知方法としてイントラネット(一部社内掲示)を最大現活用する。
[目標2]
働き方の見直しに関する労働条件の整備を行う。
重点事項として、所定外(時間外)労働時間の削減のための措置を講じる。

[対 策]
時間外労働にボーダーラインを設け、以下の取組みの中で時間外の削減を実施する。

  • ○ ボーダーラインに関する時間外労働の検証・警告等を行う。
  • ○ 必要により警告事項に対する改善報告や追跡調査を実施する。
[目標3]
保護者である従業員が働く職場(施設)において、休日を利用した「こども見学会」を実施する。

[対 策]
安全性の観点から、原則として休日を利用した職場(施設)の「こども見学会」を実施する。
見学会開催時に、職場の従業員と「こども達」との交流を深めるためのイベント・レクリェーション等も併せて検討する。

  • ○ 各店所の管理・監督者に主旨説明し、見学会実施の理解と協力を要請する。
  • ○ 実施にあたっては、所属長を中心とした推進プロジェクトを設置し、具体的な実施案を作成する。
      特に、見学時の安全性を踏まえた受入体制を考慮する。
  • ○ 「見学会」実施後に、今後の参考として参加者のアンケート調査等を実施する。
page top